登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
唐松岳(1)八方尾根から白馬三山の眺め
以前から行きたかった八方尾根からの唐松岳へ日帰りで行ってきました。
目的は、八方池で逆さ白馬を見るのと、稜線に出て五竜岳や立山連峰を見ることです。



ゴンドラ+リフト5:40-山頂駅6:20-11:00唐松岳山頂11:30-11:50唐松岳頂上山荘12:00-14:15リフト駅-14:40ゴドラ乗り場

深夜横浜を出発して高速を夜通し駆け抜けて白馬村に着いたのは4時台。
ちょうど朝焼けの白馬三山にお目にかかれました。

2012_07_16_9999_9-2.jpg

八方尾根ゴンドラリフトはシーズンということもあって早朝5時半から運行していました。
15名位の登山客の列ができていたと思います。

ゴンドラは1組1台という感じで余裕です。
リフトに乗り継いで山頂駅まではあっという間。北アルプスでゴンドラって最高。

山頂駅では2番目のリフトへ乗り換え。
リフトに乗っていると間もなく、青空と緑の斜面の間に岩肌と残雪の山々が顔を現します。

2012_07_16_9999_26-2.jpg

リフト降り場から白馬三山。建物はオリンピック関連の設備でしょうか。
五輪マークが描かれてました。絵になるのでこの構図にてぱちり。

2012_07_16_9999_35-2.jpg

白馬村と妙高方面。
狙い通りとは言え、軽々と雲の上に出てしまい、何だかこれでいいのかな?って思ったりして。

2012_07_16_9999_37.jpg

さわやかなブルーをバックに白い山峰。こんなに晴れた白馬は初めてです。

2012_07_16_9999_51-2.jpg

朝日に輝く白馬三山が青空バックに見えたのがとても感動的でした。

2012_07_16_9999_52-2.jpg

ニッコウキスゲ。

2012_07_16_9999_61-2.jpg

最後のリフトから左手には五竜岳と鹿島槍ヶ岳がずっと見えます。
リフトから足をぶらぶらさせながらカメラをパシャパシャ。とても贅沢な時間です。

2012_07_16_9999_64-2.jpg

リフトを降りると白馬三山にもガスがかかり始めました。
八方池に行くまでに晴れてるといいのだけど。

2012_07_16_9999_84-2.jpg

残雪の白馬三山にしばし釘付け。

2012_07_16_9999_89-2.jpg

爽やかなアルプスの早朝といった感じで雲があると空の表情がより豊かになります。
白馬岳は山頂付近ガス。右手小蓮華岳~乗鞍岳の稜線くっきり。

2012_07_16_9999_93-2.jpg

八方池山荘方面の雲海!
ゴンドラとリフトを使ったお気軽北アルプス登山。出だしは順調です。

2012_07_16_9999_97-2.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[唐松岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


鍋割山(2)鍋焼きうどんと海
お約束の鍋焼きうどん、今回は外で熱々を食べました。
期待通り美味しいし、海を見ながらでいつも以上に満足感が高かったです。
前回寒くて小屋の中で食べたので、今回はリベンジできて満足。

2012_01_07_9999_129.jpg

相模湾と伊豆方面を見ながらのご飯は本当においしいです。

富士山山頂付近は雪の世界。

2012_01_07_9999_132-2.jpg

南アルプスの赤石岳、右側は荒川三山

2012_01_07_9999_139-2.jpg

間ノ岳、北岳、仙丈ヶ岳。きちんと見えてます。

2012_01_07_9999_160-2.jpg

江ノ島くっきり見えました。しらす丼食べたいなあ。
葉山でプリン食べたいなあ。三崎でまぐろ食べたいなあ。

2012_01_07_9999_167-2.jpg

カワラヒワがギロっと睨んでます。

2012_01_07_9999_193-2.jpg

快晴の丹沢は本当に素晴らしいなと思いました。
特に海を後ろに背負いながら、左手には富士山、南アルプスという位置関係。
山から眺める海の景色もなかなか格別です。

南アルプスが見えるのが、今年の登りはじめとしては、良かったです。
あの中のどれかに行きたいなという野望も生まれたりして(結局行けてません)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[鍋割山

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


鍋割山(1)県民の森駐車場から
今年初めに行った鍋割山の山行です。
(今更という記事がしばらく続きますがご容赦ください)

新年初登りは丹沢にしました。
日帰りでの選択肢は、大山、塔ノ岳、鍋割山とあったのですが、
山に行くのを決めたのが9時頃だったので、短時間で登山口まで行けて、
歩行時間も短い鍋割山にしました。

もちろん、鍋焼きうどんが目当てでもあります。



丹沢県民の森駐車場11:50-13:50鍋割山14:50-15:20駐車場

快晴の丹沢です。青空と丹沢の山並みに気持ちも高まります。

2012_01_07_9999_3.jpg

稜線の乗越まであとわずか。

2012_01_07_9999_13.jpg

稜線付近には丹沢らしいこんな木道が整備されています。
歩きやすいような歩きづらいような・・。

2012_01_07_9999_34.jpg

心が和む瞬間。小さなおじぞうさんに癒されます。

2012_01_07_9999_40.jpg

相模湾が見えてきました。これは小田原・伊豆方面。
丹沢は山から海が見えるのが特徴的で、海も山も楽しめるのが一押しなところだったりします。

2012_01_07_9999_53.jpg

もう少しで到着かな?こんな登山道を何度か登ると頂上が近づいて来ます。

2012_01_07_9999_63.jpg

相模湾に続いて、左手には遂に富士山がドーンと登場。

2012_01_07_9999_64.jpg

右手には塔ノ岳へ続く尾根が見えます。
江の島・湘南方面の海もちらり。

2012_01_07_9999_81.jpg

そして鍋割山荘に到着。
もう頭の中は鍋焼きうどんの事でいっぱいなのでした。
鍋焼きうどんの旗がいっそう食欲を刺激します。

2012_01_07_9999_93.jpg

この景色が好きで、ぼーっと海を眺めて思いを巡らせたりしてました。
でも寒いのでほどほどに。

2012_01_07_9999_101.jpg

快晴の富士山は爽快です。
手前に富士周辺の山々が見えるのはもちろん、遠くには雪を被った南アルプスが頭を出しました。

2012_01_07_9999_109.jpg

お待ちかねの鍋焼きうどん。
寒い日の登山にぴったりなこのメニュー。定番中の定番として親しまれてます。

2012_01_07_9999_125.jpg

味はしっかりしていて具だくさん。
熱いうちに一気にいただきます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[鍋割山

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


晩秋の焼岳(5)静かな森歩きと鳥見
焼岳まだ更新が終わってませんでした。1年経ってしまいます。。。

凍てつく山頂を後にします。カラスがこんなところに。凄い生命力ですね。

2011_11_08_9999_477.jpg

いつもは憎らしいカラスも山で遭うと親近感が沸くのは何故でしょう。
カラスよ、君は何を思うのか。何故にこんな高いところまで来たのか。

2011_11_08_9999_480.jpg

空の表情は刻一刻と変わっていきます。

2011_11_08_9999_513.jpg

迷いながら苦労したルートも下りはすんなり中腹まで来てしまいました。

2011_11_08_9999_515.jpg

振り返ると南峰と北峰が仲良く並んでました。
あまり考えなかったけど、南峰行っておくべきだった。何故スルーしたんだろう。。。

2011_11_08_9999_526.jpg

最後の森歩きは野鳥撮影メインで行きます。
いきなり見たことのない鳥が・・。これ何でしょう?

2011_11_08_9999_547-2.jpg

コガラ飛びます!
下山者もほとんどいなくて静寂に包まれた登山道。
こういった幸運な出会いに恵まれました。静かな登山も良いものです。

2011_11_08_9999_551-2.jpg

秋色を見つけました。

2011_11_08_9999_567.jpg

こちらも秋の名残。これから北アルプスは駆け足で冬に。

2011_11_08_9999_573.jpg

せわしなく動くコガラ。

2011_11_08_9999_576-2.jpg

こちらはゴジュウカラ。
木にとまっていると気づかない位小さくて周りと同化しています。

2011_11_08_9999_587-2.jpg

こんなポーズまで見せてくれました。

2011_11_08_9999_591-2.jpg

サルノコシカケ。

2011_11_08_9999_605.jpg

この山行では、冬支度をする焼岳の色々な変化を感じられたのが良かったです。
何より静かな山はいいですね。少しさびしくもなったりしましたが、山とゆっくり向き合える。
そんな山歩きが自分には合っていると思ったのでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[焼岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


晩秋の焼岳(4)焼岳からの眺め
時間が経ってしまいましたが、焼岳の続きです。

凍えそうな寒さの山頂で360度の景色をしばし堪能するのでした。
ぐるっと行きます。

槍穂高~上高地の全体像。
奥穂とジャンダルムはちょうど雲の中。

2011_11_08_9999_368.jpg

槍ヶ岳の遠望。
やっぱり尖ってる。目立ってる。
山頂リベンジはいつになるかなぁ。

2011_11_08_9999_373-2.jpg

手前に見えるのは、西穂高岳。
山頂へ続く稜線細いなあ。危険そうだからあそこへ行くのは止めておこう。

2011_11_08_9999_374-2.jpg

前穂高岳も姿を現しました。

2011_11_08_9999_394-2.jpg

こちらは前穂高岳から明神岳あたり。
重太郎新道で歩いたことあるけど、前穂高のあたりは岩稜だったし、事故があったりして
本当に緊張した思い出。

2011_11_08_9999_388-2.jpg

右に目をやると常念山脈の蝶ヶ岳が見えます。
辛かった常念~蝶ヶ岳日帰り縦走を思い出す・・・。
蝶ヶ岳に着く頃はヘトヘトだったけど、あちらから見た夕焼けの穂高は綺麗だったなあ。

2011_11_08_9999_390-2.jpg

お馴染みの上高地。梓川がくねくね。
ほぼ手付かずの自然って貴重だなって思います。

2011_11_08_9999_385-2.jpg

大正池もばっちり。

2011_11_08_9999_405-2.jpg

ずっと雲に隠れてた笠ヶ岳。
一瞬山頂を目にすることができました。三角で大きな山だと分かります。
次に狙うはここかな。

2011_11_08_9999_411-2.jpg

乗鞍岳。北アルプスの岩稜と比べると穏やかな表情に思えます。

2011_11_08_9999_430-3.jpg

あっという間に槍ヶ岳以外の山々は雲に覆われ始めました。

2011_11_08_9999_437.jpg

上高地と霞沢岳。

2011_11_08_9999_460.jpg

山頂の岩についた氷。冬はそこまで来ていました。

2011_11_08_9999_466.jpg

木々にも氷が付いています。
厳しい北アルプスの冬をほんの少しだけ感じることができる。そんな晩秋の焼岳なのでした。

2011_11_08_9999_474.jpg

さあ下山です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[焼岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


晩秋の焼岳(3)穂高と滝雲
随分間が開いてしまいましたが、焼岳の続き。
凍りつく草花を楽しみながら山頂を目指してきました。

山頂付近の稜線も同じくらいの高さに見えてます。
小さなピークが幾つか。

2011_11_08_9999_289.jpg

焼岳には北峰と南峰の2つのピークがあります。
こちらは南峰。

2011_11_08_9999_291.jpg

近くで見ると迫力あります。焼岳南峰の山頂付近。

2011_11_08_9999_300.jpg

氷の花が咲いているみたい。遠くに乗鞍岳。

2011_11_08_9999_302.jpg

焼岳山頂付近鞍部から見た正賀池。緑がかってます。
至るところで噴煙が上がってますが、この池は温泉ではないよね?

2011_11_08_9999_308.jpg

焼岳南峰から連なる稜線。この写真の反対側が北峰です。

2011_11_08_9999_312.jpg

大きな煙を上げています。近寄ると危ないよ。
独特の硫黄の匂いが漂います。

2011_11_08_9999_317.jpg

北峰を目指す場合少し巻き道を通ります。
振り返ると、焼岳南峰と乗鞍のショット。

2011_11_08_9999_321.jpg

北峰側へぐるっと回りこむと、遂に見えました槍ヶ岳、穂高連峰、上高地。
上高地の見慣れた景色を目にすると不思議と安心するのでした。

2011_11_08_9999_325.jpg

最後の北峰のピークへの途中にも噴煙が。
こちらはさっきよりも黄色いです。

2011_11_08_9999_340.jpg

上高地を流れる梓川。くねくねしてますね。
手前の垂直な崖は覗くと結構怖い。

2011_11_08_9999_341.jpg

寒いけど、槍ヶ岳に見とれてました。
北アルプスの中でも特別な存在だと感じさせてくれる槍ヶ岳。

2011_11_08_9999_345.jpg

だんだん雲が増えてきました。奥穂~前穂。
穂高岳全体に雲がかかり始めてます。途中写真休憩が多すぎたかな。。

2011_11_08_9999_346.jpg

前穂高岳とぎざぎざ。

2011_11_08_9999_347.jpg

噴煙を上げる黄色い口。危ない危ない。

2011_11_08_9999_350.jpg

西穂高岳までの稜線上に飛騨側からの滝雲が。

2011_11_08_9999_358.jpg

そして焼岳山頂へ到着。
ここは吹きっ晒し。風が強くてかなり寒いです。
山頂でのんびりご飯というスタイルはちょっと無理。みなさんすぐに下山されてました。

2011_11_08_9999_361.jpg

山頂の標識にもえびのしっぽが付いてました。

2011_11_08_9999_366.jpg

晩秋の焼岳(2)秋色の残る山肌
晩秋の焼岳(1)氷の世界へ

ボタン押して応援お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:1
[焼岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


晩秋の焼岳(2)秋色の残る山肌
焼岳山頂近くの噴煙が見えて来ました。

2011_11_08_9999_176.jpg

振り返ると、遠くには中央アルプスが見えます。
こないだ登った木曽駒ヶ岳。それから空木岳。

2011_11_08_9999_194.jpg

中央アルプスの左側には南アルプスが。
寄ってみると、ひょこっと顔を出しているのは、甲斐駒ケ岳です。
右の方に見えてるなだらかな山は間ノ岳かもと思ったり。

2011_11_08_9999_196.jpg

そして迫る山頂稜線。青空がくっきり見えて来ました!やったー。

2011_11_08_9999_199.jpg

青空に秋色の山肌のコントラストがきれいです。

2011_11_08_9999_212.jpg

こちらも秋らしい雰囲気で、個人的にもお気に入りの一枚です。

2011_11_08_9999_216.jpg

青空が出たかと思えば、さーっと綿のような雲がふわっと湧き出てきます。
やっぱり大気の状態は不安定なようで。

2011_11_08_9999_223.jpg

木々は厳しい条件の中、その美しさを増しているようです。
小さなえびのしっぽが確認できます。

2011_11_08_9999_228.jpg

小さな木々も枝まで氷をまとっています。

2011_11_08_9999_238.jpg

最後の急斜面を登ります。焼岳南峰の山稜が迫って来ました。

2011_11_08_9999_244.jpg

ゆっくり姿を見せつつあった乗鞍岳の全景があらわになりました。
こないだ登った木曽駒ヶ岳から見た乗鞍岳はとっても小さかったのに。
ここからだと手が届きそう。

2011_11_08_9999_252.jpg

焼岳の山頂付近。意外にもゴツゴツした岩肌です。

2011_11_08_9999_266.jpg

そして焼岳山頂の北峰と南峰を別ける山頂分岐がはっきりと見えて来ました。 
山頂まではあともう少しです。

2011_11_08_9999_279.jpg

ボタン押して応援お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[焼岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


晩秋の焼岳(1)氷の世界へ
単独日帰り登山。選択肢は限られていました。
ここ数年温存していた焼岳の出番です。

天気予報では晴れ。
晴れの日登山がしたくて、これを確かめた上で休みを取って焼岳へ向かったはずでした。
ですが、松本インターを降りても一向に晴れ間が見えません。不安なスタートです。



部分的に青空がちらっと見えるもののすっきりしない天気。
いやーな予感が。

2011_11_08_9999_5.jpg

山頂方面もまさかのガス。
あっでも青空もちらりと見せてるし焦るな自分。

2011_11_08_9999_50.jpg

視界も悪くなり、ふと地面に目をやると秋の気配がまだ残されていました。
こんな時期の北アルプスは茶色い世界で、とっくに冬支度かと思ってましたが。

2011_11_08_9999_78.jpg

右手前に穂高岳が見えました。
前穂高かな?最悪に備えて目に焼き付けておこう。

2011_11_08_9999_87.jpg

低勾配のコースを抜けてさあ見上げると、やっぱりガス!
テンションダウン。

2011_11_08_9999_94.jpg

ハシゴは少し凍ってて危なっかしいです。

2011_11_08_9999_95.jpg

山頂方面は青空が出たり曇ったりを繰り返しています。

2011_11_08_9999_102.jpg

振り返ると今歩いてきた熊笹の道。

2011_11_08_9999_114.jpg

気を取りなおして、周りに目をやると木の実が凍っているではないですか!

2011_11_08_9999_133.jpg

新芽も氷に閉じ込められてるし。
何とたくましいのでしょう。この芽は来年芽吹くのでしょうか。

2011_11_08_9999_136.jpg

枯れた花はドライフラワーの様にシャリッと凍ってます。

2011_11_08_9999_141.jpg

枯れた花に水滴が付いて、それが気温の低下で凍るのでしょう。
こんな華麗なアートができあがっていました。

2011_11_08_9999_147.jpg

氷の花びらのようです。

2011_11_08_9999_156.jpg

こちらも氷のオブジェのようです。自然の造形美とはこのことですね。

2011_11_08_9999_158.jpg

花は一度枯れましたが、氷によってその生命が蘇ったようです。

2011_11_08_9999_164.jpg

そんな氷のアートワークが並ぶ焼岳の中腹。
遠くに目をやるとうっすら青空が広がります。期待はまだできるかも。

2011_11_08_9999_165.jpg

ボタン押して応援お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:2   trackback:0
[焼岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。