登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
晩秋の焼岳(5)静かな森歩きと鳥見
焼岳まだ更新が終わってませんでした。1年経ってしまいます。。。

凍てつく山頂を後にします。カラスがこんなところに。凄い生命力ですね。

2011_11_08_9999_477.jpg

いつもは憎らしいカラスも山で遭うと親近感が沸くのは何故でしょう。
カラスよ、君は何を思うのか。何故にこんな高いところまで来たのか。

2011_11_08_9999_480.jpg

空の表情は刻一刻と変わっていきます。

2011_11_08_9999_513.jpg

迷いながら苦労したルートも下りはすんなり中腹まで来てしまいました。

2011_11_08_9999_515.jpg

振り返ると南峰と北峰が仲良く並んでました。
あまり考えなかったけど、南峰行っておくべきだった。何故スルーしたんだろう。。。

2011_11_08_9999_526.jpg

最後の森歩きは野鳥撮影メインで行きます。
いきなり見たことのない鳥が・・。これ何でしょう?

2011_11_08_9999_547-2.jpg

コガラ飛びます!
下山者もほとんどいなくて静寂に包まれた登山道。
こういった幸運な出会いに恵まれました。静かな登山も良いものです。

2011_11_08_9999_551-2.jpg

秋色を見つけました。

2011_11_08_9999_567.jpg

こちらも秋の名残。これから北アルプスは駆け足で冬に。

2011_11_08_9999_573.jpg

せわしなく動くコガラ。

2011_11_08_9999_576-2.jpg

こちらはゴジュウカラ。
木にとまっていると気づかない位小さくて周りと同化しています。

2011_11_08_9999_587-2.jpg

こんなポーズまで見せてくれました。

2011_11_08_9999_591-2.jpg

サルノコシカケ。

2011_11_08_9999_605.jpg

この山行では、冬支度をする焼岳の色々な変化を感じられたのが良かったです。
何より静かな山はいいですね。少しさびしくもなったりしましたが、山とゆっくり向き合える。
そんな山歩きが自分には合っていると思ったのでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[焼岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


晩秋の焼岳(4)焼岳からの眺め
時間が経ってしまいましたが、焼岳の続きです。

凍えそうな寒さの山頂で360度の景色をしばし堪能するのでした。
ぐるっと行きます。

槍穂高~上高地の全体像。
奥穂とジャンダルムはちょうど雲の中。

2011_11_08_9999_368.jpg

槍ヶ岳の遠望。
やっぱり尖ってる。目立ってる。
山頂リベンジはいつになるかなぁ。

2011_11_08_9999_373-2.jpg

手前に見えるのは、西穂高岳。
山頂へ続く稜線細いなあ。危険そうだからあそこへ行くのは止めておこう。

2011_11_08_9999_374-2.jpg

前穂高岳も姿を現しました。

2011_11_08_9999_394-2.jpg

こちらは前穂高岳から明神岳あたり。
重太郎新道で歩いたことあるけど、前穂高のあたりは岩稜だったし、事故があったりして
本当に緊張した思い出。

2011_11_08_9999_388-2.jpg

右に目をやると常念山脈の蝶ヶ岳が見えます。
辛かった常念~蝶ヶ岳日帰り縦走を思い出す・・・。
蝶ヶ岳に着く頃はヘトヘトだったけど、あちらから見た夕焼けの穂高は綺麗だったなあ。

2011_11_08_9999_390-2.jpg

お馴染みの上高地。梓川がくねくね。
ほぼ手付かずの自然って貴重だなって思います。

2011_11_08_9999_385-2.jpg

大正池もばっちり。

2011_11_08_9999_405-2.jpg

ずっと雲に隠れてた笠ヶ岳。
一瞬山頂を目にすることができました。三角で大きな山だと分かります。
次に狙うはここかな。

2011_11_08_9999_411-2.jpg

乗鞍岳。北アルプスの岩稜と比べると穏やかな表情に思えます。

2011_11_08_9999_430-3.jpg

あっという間に槍ヶ岳以外の山々は雲に覆われ始めました。

2011_11_08_9999_437.jpg

上高地と霞沢岳。

2011_11_08_9999_460.jpg

山頂の岩についた氷。冬はそこまで来ていました。

2011_11_08_9999_466.jpg

木々にも氷が付いています。
厳しい北アルプスの冬をほんの少しだけ感じることができる。そんな晩秋の焼岳なのでした。

2011_11_08_9999_474.jpg

さあ下山です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[焼岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


晩秋の焼岳(3)穂高と滝雲
随分間が開いてしまいましたが、焼岳の続き。
凍りつく草花を楽しみながら山頂を目指してきました。

山頂付近の稜線も同じくらいの高さに見えてます。
小さなピークが幾つか。

2011_11_08_9999_289.jpg

焼岳には北峰と南峰の2つのピークがあります。
こちらは南峰。

2011_11_08_9999_291.jpg

近くで見ると迫力あります。焼岳南峰の山頂付近。

2011_11_08_9999_300.jpg

氷の花が咲いているみたい。遠くに乗鞍岳。

2011_11_08_9999_302.jpg

焼岳山頂付近鞍部から見た正賀池。緑がかってます。
至るところで噴煙が上がってますが、この池は温泉ではないよね?

2011_11_08_9999_308.jpg

焼岳南峰から連なる稜線。この写真の反対側が北峰です。

2011_11_08_9999_312.jpg

大きな煙を上げています。近寄ると危ないよ。
独特の硫黄の匂いが漂います。

2011_11_08_9999_317.jpg

北峰を目指す場合少し巻き道を通ります。
振り返ると、焼岳南峰と乗鞍のショット。

2011_11_08_9999_321.jpg

北峰側へぐるっと回りこむと、遂に見えました槍ヶ岳、穂高連峰、上高地。
上高地の見慣れた景色を目にすると不思議と安心するのでした。

2011_11_08_9999_325.jpg

最後の北峰のピークへの途中にも噴煙が。
こちらはさっきよりも黄色いです。

2011_11_08_9999_340.jpg

上高地を流れる梓川。くねくねしてますね。
手前の垂直な崖は覗くと結構怖い。

2011_11_08_9999_341.jpg

寒いけど、槍ヶ岳に見とれてました。
北アルプスの中でも特別な存在だと感じさせてくれる槍ヶ岳。

2011_11_08_9999_345.jpg

だんだん雲が増えてきました。奥穂~前穂。
穂高岳全体に雲がかかり始めてます。途中写真休憩が多すぎたかな。。

2011_11_08_9999_346.jpg

前穂高岳とぎざぎざ。

2011_11_08_9999_347.jpg

噴煙を上げる黄色い口。危ない危ない。

2011_11_08_9999_350.jpg

西穂高岳までの稜線上に飛騨側からの滝雲が。

2011_11_08_9999_358.jpg

そして焼岳山頂へ到着。
ここは吹きっ晒し。風が強くてかなり寒いです。
山頂でのんびりご飯というスタイルはちょっと無理。みなさんすぐに下山されてました。

2011_11_08_9999_361.jpg

山頂の標識にもえびのしっぽが付いてました。

2011_11_08_9999_366.jpg

晩秋の焼岳(2)秋色の残る山肌
晩秋の焼岳(1)氷の世界へ

ボタン押して応援お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:1
[焼岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


晩秋の焼岳(2)秋色の残る山肌
焼岳山頂近くの噴煙が見えて来ました。

2011_11_08_9999_176.jpg

振り返ると、遠くには中央アルプスが見えます。
こないだ登った木曽駒ヶ岳。それから空木岳。

2011_11_08_9999_194.jpg

中央アルプスの左側には南アルプスが。
寄ってみると、ひょこっと顔を出しているのは、甲斐駒ケ岳です。
右の方に見えてるなだらかな山は間ノ岳かもと思ったり。

2011_11_08_9999_196.jpg

そして迫る山頂稜線。青空がくっきり見えて来ました!やったー。

2011_11_08_9999_199.jpg

青空に秋色の山肌のコントラストがきれいです。

2011_11_08_9999_212.jpg

こちらも秋らしい雰囲気で、個人的にもお気に入りの一枚です。

2011_11_08_9999_216.jpg

青空が出たかと思えば、さーっと綿のような雲がふわっと湧き出てきます。
やっぱり大気の状態は不安定なようで。

2011_11_08_9999_223.jpg

木々は厳しい条件の中、その美しさを増しているようです。
小さなえびのしっぽが確認できます。

2011_11_08_9999_228.jpg

小さな木々も枝まで氷をまとっています。

2011_11_08_9999_238.jpg

最後の急斜面を登ります。焼岳南峰の山稜が迫って来ました。

2011_11_08_9999_244.jpg

ゆっくり姿を見せつつあった乗鞍岳の全景があらわになりました。
こないだ登った木曽駒ヶ岳から見た乗鞍岳はとっても小さかったのに。
ここからだと手が届きそう。

2011_11_08_9999_252.jpg

焼岳の山頂付近。意外にもゴツゴツした岩肌です。

2011_11_08_9999_266.jpg

そして焼岳山頂の北峰と南峰を別ける山頂分岐がはっきりと見えて来ました。 
山頂まではあともう少しです。

2011_11_08_9999_279.jpg

ボタン押して応援お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[焼岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


晩秋の焼岳(1)氷の世界へ
単独日帰り登山。選択肢は限られていました。
ここ数年温存していた焼岳の出番です。

天気予報では晴れ。
晴れの日登山がしたくて、これを確かめた上で休みを取って焼岳へ向かったはずでした。
ですが、松本インターを降りても一向に晴れ間が見えません。不安なスタートです。



部分的に青空がちらっと見えるもののすっきりしない天気。
いやーな予感が。

2011_11_08_9999_5.jpg

山頂方面もまさかのガス。
あっでも青空もちらりと見せてるし焦るな自分。

2011_11_08_9999_50.jpg

視界も悪くなり、ふと地面に目をやると秋の気配がまだ残されていました。
こんな時期の北アルプスは茶色い世界で、とっくに冬支度かと思ってましたが。

2011_11_08_9999_78.jpg

右手前に穂高岳が見えました。
前穂高かな?最悪に備えて目に焼き付けておこう。

2011_11_08_9999_87.jpg

低勾配のコースを抜けてさあ見上げると、やっぱりガス!
テンションダウン。

2011_11_08_9999_94.jpg

ハシゴは少し凍ってて危なっかしいです。

2011_11_08_9999_95.jpg

山頂方面は青空が出たり曇ったりを繰り返しています。

2011_11_08_9999_102.jpg

振り返ると今歩いてきた熊笹の道。

2011_11_08_9999_114.jpg

気を取りなおして、周りに目をやると木の実が凍っているではないですか!

2011_11_08_9999_133.jpg

新芽も氷に閉じ込められてるし。
何とたくましいのでしょう。この芽は来年芽吹くのでしょうか。

2011_11_08_9999_136.jpg

枯れた花はドライフラワーの様にシャリッと凍ってます。

2011_11_08_9999_141.jpg

枯れた花に水滴が付いて、それが気温の低下で凍るのでしょう。
こんな華麗なアートができあがっていました。

2011_11_08_9999_147.jpg

氷の花びらのようです。

2011_11_08_9999_156.jpg

こちらも氷のオブジェのようです。自然の造形美とはこのことですね。

2011_11_08_9999_158.jpg

花は一度枯れましたが、氷によってその生命が蘇ったようです。

2011_11_08_9999_164.jpg

そんな氷のアートワークが並ぶ焼岳の中腹。
遠くに目をやるとうっすら青空が広がります。期待はまだできるかも。

2011_11_08_9999_165.jpg

ボタン押して応援お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:2   trackback:0
[焼岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


白馬三山縦走(8)小蓮華山~白馬大池
白馬三山縦走を終えて、あとは栂池までのゆるやかな道のり。
三国境を過ぎると小蓮華山への登りです。
相変わらずガスってるけど稜線を歩いている感覚が気分良い♪

2011_08_07_9847-2.jpg

小蓮華山の山頂はちょっと肩透かし。あれ?ここなの?って感じ。
逆鉾があるのでここが山頂なのだと気づきました。
後で調べてみたら、4年前に山頂部分が崩落したそうです。それでかぁ。

2011_08_07_9853-2.jpg

高山植物の種類は、白馬岳から離れるにつれてだんだん減ってきます。

2011_08_07_9857-2.jpg

雷鳥と二回目のご対面!この時はつがいでした。
ぷるぷるって鳴き声にも癒されます。

2011_08_07_9860-2.jpg

小蓮華山から降りてきて振り返ると山頂までの山道。
そしてその上にはうっすら青空が。

2011_08_07_9868-2.jpg

待望の青空!でもそれは一瞬の出来事。
でもこうやって時折晴れ間が出るのは山の神様のご慈悲かな。ありがたやー。

2011_08_07_9872-2.jpg

小蓮華山の山頂へ続く山道。
「坂の上の雲」のエンディングで流れていた坂道はここだとか。
このくねくねした坂道が、タイトルから来るイメージと近かったのかな?
晴れてるともっと感動的なのでしょうね。これだと雲の中の坂、です。

2011_08_07_9874-2.jpg

雷鳥坂にて。またまた雷鳥と会えました。
この山行で実に10数羽を見かけました。何てラッキーでしょう!
これもこの曇り天気のおかげかもしれません。

2011_08_07_9882-2.jpg

ゆるやかな下り道を降りると、白馬大池が姿を見せました。

2011_08_07_9893-2.jpg

咲き乱れるチングルマと白馬大池、白馬大池山荘。

2011_08_07_9900-2.jpg

チングルマ

2011_08_07_9894-2.jpg

テント場でお昼&コーヒー♪

P1040225-2.jpg

幻想的な白馬大池はのどかな雰囲気。テント泊を是非したいです。

2011_08_07_9920-2.jpg

鏡のように水面に景色が写り込んでました。

2011_08_07_9926-2.jpg

白馬大池を出発して間もなく。あれは何だろう?

2011_08_07_9935-2.jpg

乗鞍岳山頂でした。
このケルンがないと山頂だと気づきません。。

2011_08_07_9932-2.jpg

だだっ広い乗鞍岳の山頂付近。それはイワヒバリが鳴く静かな場所でした。

2011_08_07_9934-2.jpg

この後、大雨が降り出します。

雪渓を横切ったり、ゴロゴロした大きな岩場をひたすら降りる道。
これを逆に登るのはきついなあと思いつつ、
わたしはピョンピョン走りながら降りました。いつ滑り転んでもおかしくない道。

最後、天狗原では雷雨の土砂降りにあい、ずぶ濡れ。最後もこれかーー!!
危うく携帯とデジカメを水没させるところでした。

ドロドロの道を滑りながら歩きようやく栂池到着です。
下りはガンガン行ったのに、膝が痛くなかったのはC3fitのおかげかな?
ここで食べたソフトクリームは最高!

白馬岳はかなりの時間、雨か曇りだったのですが、それでもこの山が人気な理由が十分分かりました。
天気の良い日にまた来たい。私もすっかり虜になったのでした。

おしまい。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

白馬三山縦走(1)猿倉から鑓温泉へ
白馬三山縦走(2)白馬鑓温泉への道
白馬三山縦走(3)白馬鑓温泉から天狗山荘へ~剱岳と対面
白馬三山縦走(4)白馬鑓ヶ岳と夜明け
白馬三山縦走(5)朝焼けの剱岳と後立山連峰
白馬三山縦走(6)鑓ヶ岳から杓子岳
白馬三山縦走(7)白馬岳から三国境
白馬三山縦走(8)小蓮華山~白馬大池
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[白馬岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


白馬三山縦走(7)白馬岳から三国境
鑓ヶ岳~杓子岳を過ぎて次はいよいよ白馬岳へ登ります。三山縦走も大詰め。

空は曇ってるけど、辛うじて白馬岳の山の形が分かる感じ。
左手前の丸っこい山が丸山かな?
青い空に映える白馬岳を見たかったけど、それは次回のお楽しみにしておきましょう。

2011_08_07_9773-2.jpg

左の方に見えてる宿が村営白馬岳頂上宿舎。
通りかかった時は既に皆さん出払っている雰囲気でした。テントも殆どなくて。

2011_08_07_9776-2.jpg

雪渓のまわりにはお花畑。
こんな光景が至るところで見られる白馬岳はやっぱり凄いです。

2011_08_07_9780-2.jpg

白馬山荘はとても大きくて収容人数も多そう。
こちら有名なスカイプラザです。杓子岳+鑓ヶ岳や立山連峰を見ながらコーヒーとかやりたかった。
今回はトイレ休憩とスポーツドリンクの補充で利用させてもらいました。

2011_08_07_9791-2.jpg

さあ、山頂まであと少し。がんまりましょう。
ほとんど先っぽが見えてるし。

2011_08_07_9790-2.jpg

白馬岳山頂なう。2,932m。ガスってて何も見えないよ (><)
でもこれで三山縦走は完了!達成感あります。百名山では20座になります。

2011_08_07_9793-2.jpg

白馬岳は東側斜面が切り立っていて、ほぼ垂直の恐ろしい崖になってます。

2011_08_07_9801-2.jpg

ガスってるけど明るい山頂にお別れを告げて縦走を続けます。

2011_08_07_9803-2.jpg

まだまだこんな凄いところを歩いたりします。
白馬岳って広いし、変化に富んだ登山道を歩く縦走はやっぱり楽しい。

2011_08_07_9808-2.jpg

そして目に入ったのは予想もしていなかった素晴らしい景色。
手前の山が鉢ヶ岳。その先には雪倉岳、朝日岳に連なる稜線です。

2011_08_07_9836-2.jpg

晴れた日にもう一度見てみたい景色。手前の池はどうなってるのかなあ。
そして雪倉岳の方へ歩いてみたい。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

白馬三山縦走(1)猿倉から鑓温泉へ
白馬三山縦走(2)白馬鑓温泉への道
白馬三山縦走(3)白馬鑓温泉から天狗山荘へ~剱岳と対面
白馬三山縦走(4)白馬鑓ヶ岳と夜明け
白馬三山縦走(5)朝焼けの剱岳と後立山連峰
白馬三山縦走(6)鑓ヶ岳から杓子岳
白馬三山縦走(7)白馬岳から三国境
白馬三山縦走(8)小蓮華山~白馬大池
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[白馬岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


白馬三山縦走(6)鑓ヶ岳から杓子岳
白馬三山縦走の続き。鑓ヶ岳山頂での朝食を終えると次は杓子岳を目指します。
後立山連峰の山々に別れを告げます。
手前から、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳。その右奥にはうっすら大天井岳、前穂高岳。

2011_08_07_9653-2.jpg

白馬岳が見えたのはほんのわずかの時間だけでした。
ご飯を食べ終わると雲の中に隠れてしまいます。
大きな建物がある。あれが白馬山荘かぁ。よくあんなもの建てたよね。

2011_08_07_9657-2.jpg

手前にはこれから行く杓子岳が見えます。スパッとナイフで切ったような形。
見るからに急なのがわかります。
白馬岳の右手の稜線を歩いて少し突き出た部分が小蓮華山。今日は楽しい稜線歩きになりそう。

2011_08_07_9662-2.jpg

さらに稜線を歩くと、白馬大池があり、栂池自然園があります。
写真に見えてる稜線がこれから歩くルート。右のほうには栂池の建物が見えます。
今日は長いルート。コースタイムでは9-10時間だったかな。

2011_08_07_9664-2.jpg

鑓ヶ岳と杓子岳の間で雷鳥に出会いました。
雷鳥を見たのは去年の常念岳以来。いつ見ても感動です。

2011_08_07_9692-2.jpg

愛くるしい姿ですが、私たちにやや警戒してる様子。
子供を7-8羽連れてるお母さんでした。なるほど。みんな無事大きくなれよ~。

2011_08_07_9700-2.jpg

今降りてきた白馬鑓ヶ岳。全体的になだらかな山でした。
登りも下りも意外ときつくなくて、余裕じゃんって昨日と打って変わって勝ち誇った顔してたに違いない。私。

2011_08_07_9713-2.jpg

白馬三山の北斜面にはたくさんの雪田が広がります。
この雪渓、雪田の存在が白馬岳の豊富な高山植物にとって欠かせないってNHK日本の名峰で何度も見ました。

2011_08_07_9716-2.jpg

イワツメクサ。

shorouma25d445.jpg

高山植物の女王コマクサ。

2011_08_07_9722-2.jpg

杓子岳は鑓ヶ岳と違って急な傾斜です。息が上がるのが分かります。
これはようやく稜線に出たところ。写真の通り、斜面の確度が結構きついです。

2011_08_07_9726-2.jpg

稜線に出てからしばらくこんな感じ。右側の崖は落ちるとやばい感じ。風で飛ばされないように。
気づくと山頂らしき標識が!

2011_08_07_9733-2.jpg

特に留まることはなく、すぐ下山しました。すぐに視界が開けます。
雪田と緑の草原のコントラストがきれいでした。

2011_08_07_9738-2.jpg

白馬岳ってこんな雪田とお花のイメージですが、ちょっとガスってて残念。
でも昨日の雨よりはましですね。

2011_08_07_9741-2.jpg

杓子岳からはしばらく下ります。
またすぐ登るんだよなあって心の中だけでぼやきながら下ります。

2011_08_07_9746-2.jpg

杓子岳から降りてきた道がこれ。長い長い下りでした。
でも遠くから見ると、緑の山の稜線を細い登山道が貫いていて、何だかきれいです。

2011_08_07_9760-2.jpg

杓子岳を降りると右手白馬方面には大雪渓が!
小さな登山者が列を作ってヒイヒイ言いながら登ってるのが見えます。

杓子岳が崩壊して岩が雪渓にごろっと落ちる(そして事故が多発)って位置関係がよく理解できました。
猿倉から大雪渓も歩いてみたかったなあ。それはまたいつか。

2011_08_07_9763-2.jpg

振り返ると今登った杓子岳が全景を現そうとしています。
ガスってるのは山頂付近だけなんだ。惜しい。

2011_08_07_9767-2.jpg

気になったのでしばらく歩いて振り返ると、杓子岳の山頂が遂に姿を現したのでした。

2011_08_07_9783-2.jpg

同じ白馬三山でも鑓ヶ岳と杓子岳は全然特徴が違ってました。

鑓ヶ岳は白い山肌でなだらかな印象。鑓という程尖ってない。
杓子岳は山頂付近が平らに切り取られたような鋭い角度。でも遠くから見ると形が良い。

できれば白馬岳からこの2つの山の重なる景色を見たいなあ。
さあ、次はいよいよ白馬岳を目指します。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

白馬三山縦走(1)猿倉から鑓温泉へ
白馬三山縦走(2)白馬鑓温泉への道
白馬三山縦走(3)白馬鑓温泉から天狗山荘へ~剱岳と対面
白馬三山縦走(4)白馬鑓ヶ岳と夜明け
白馬三山縦走(5)朝焼けの剱岳と後立山連峰
白馬三山縦走(6)鑓ヶ岳から杓子岳
白馬三山縦走(7)白馬岳から三国境
白馬三山縦走(8)小蓮華山~白馬大池
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[白馬岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。