登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
富士山(4) 2010/8/20-21
富士山下山編。
良い景色を楽しんだのもつかの間。地獄の下り?が待っています。

雲海を見下ろしながらの下山。気分いい!
高山病の頭痛も治まってきました。遠くにはまだまだ登ってくる人がたくさん見えます。

P1140539.jpg

あれに見えるは山中湖。ハーフマラソンで一周走ったことあります。

P1140535.jpg

まるで飛行機の中から見ているかのような景色。

P1140546.jpg

マスク集団現れる!粉じん対策にマスクは必携です。
まあマスクしても鼻の穴は真っ黒になりますがw
これぐらいの緩やかな角度の道を砂埃にまみれながら、ひたすらひたすら下ります。

P1140554.jpg

富士山にも高山植物が豊富に群生しています。

P1140557.jpg

見上げると雄大な富士山。今日も快晴です。

P1140573.jpg

そしてやっと五合目に戻ってきました。はっきり言ってへとへと。

P1140575.jpg

晴れの中登れたし、良い景色もご来光も見れたし。
最近の富士山事情、外国人観光客の多さとかファッションの進化も確認できたし。
その他は体力的に辛いです。
富士山は当分いいかなあ・・・。っていうのが正直な感想です。

この痛みを忘れた頃、ふとまた富士山に登りたくなる日がきっと来るでしょう。またその日まで!
普段は見るだけ。人生の中で時々登りたくなる山。富士山。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[富士山

thema:トレッキング - genre:趣味・実用


富士山(3) 2010/8/20-21
富士山その3。お鉢巡りの続きです。
剣ヶ峰を後にすると、大パノラマの始まりです。

左から南アルプス~北アルプス~八ヶ岳~奥秩父の金峰山や甲武信ヶ岳。
どどどーんと広がります。3000m級を見下ろす感じ、富士山ならでは。

P1140507.jpg

もうちょっと寄って、左が鳳凰三山、甲斐駒ケ岳の辺。右は八ヶ岳。奥は北アルプス。
雲海に浮かぶ山々がきれい。

P1140491.jpg

南アルプスの大パノラマ。奥には中央アルプスかな?
これだけの眺めはなかなか見られないし大興奮。あそこへはいつ行けるかなあ。

P1140494.jpg

光岳、赤石岳、聖岳、悪沢岳。なかなかアクセスが難しいところ。

P1140486.jpg

こちらはお馴染み北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳。右奥が北アルプス穂高、槍ヶ岳。
遠くに見えるとあちらへ行きたくなります。いつかきっと。

P1140501.jpg

お鉢巡りのこちら側はこういった稜線歩きが続きますが、凄い風でした。
ウェア類を飛ばされないように注意しましょう。

P1140500.jpg

ぐるっと回ってきて浅間神社へ到着。これで一周です。
お鉢巡りを初めてしましたが、こんなに楽しい景色が見られるとは思ってませんでした。

P1140523.jpg

後は辛い下りが待ってます。感動のラスト?へ続く。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[富士山

thema:トレッキング - genre:趣味・実用


富士山(2) 2010/8/20-21
富士山その2。日の出を見終えると、次はお鉢めぐりです。

まずは温まりたいと思って小屋でおしるこを食べます。でもこれが悪い判断でした。
急激に気持ち悪くなってきました。頭痛の症状が重なって最悪な気分。

でもここまで来て最高地点を踏まない訳にはいきません。
頭がふらふらしながら、お鉢めぐりのスタートです。
気持ち悪いけど、眺めは気持ちいい。不思議な感覚。

P1140432.jpg

こんなところに天乃御柱。神様が宿っていそうな雰囲気。
左奥に見える山塊は、奥秩父あたりです。

P1140441.jpg

火口付近。恐ろしい。近づかないことです。

P1140445.jpg

お鉢めぐりって景色が凄く楽しい。でも体は辛い。そんな状況が続きます。

P1140449.jpg


ちなみに風があってとても寒いです。防寒装備はご来光の時のままです。
そしてハードコンタクトレンズの私には砂混じりの強風が大敵。痛いの何のって。

P1140454.jpg

浅間神社奥社。皆さん並んでますね。郵便をここから出すことができるのですね。

P1140459.jpg

そんなこんなでようやく最高地点の剣ヶ峰にさしかかりました。
何だか急坂だぞぉ。上りの皆さん足取りが怪しい。逆に降りてくる人は滑り落ちるような感じ。

P1140463.jpg

横を見るとなるほど急角度!

P1140464.jpg

到着しました。ついに日本最高地点に到達。
記念写真を撮るために行列が出来てますが、撮影にこだわらなければスルーして上に上がれます。
富士登山は4度目にして初めてここに来ました。大学当時は最高地点なんて気にしてなかったなあ。。

P1140473.jpg

今回は気合・根性でここまで到達。来る価値あります。何故って日本で一番高いところだから。
でもやっぱり少しの高度の違いでも体調への影響って凄く大きいんだなって実感しました。
実際、私の高山病もこの地点にいた時がピークで、お鉢めぐりが終わって下山を開始する頃には解消していました。

この次はアルプス方面を見ながらのお鉢めぐりが続きます。絶景の連続!
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[富士山

thema:トレッキング - genre:趣味・実用


富士山(1) 2010/8/20-21
夏の登山続いて富士山です。

大学の時以来だから15年位経ってます。
昨今のブームで様変わりしている様子を確かめに行ってきました。
よく聞く渋滞は何としても避けるべく、事前にヤマレコ等を調べました。

富士吉田口五合目に到着したのは夕方16時半。
駐車場は入替りの時間なのか、入り口で渋滞2kmと言われたもののすんなり五合目駐車場に入れました。



19:15吉田口五合目-23:20八合目-23:50本八合目-3:00山頂

爆発カレーを食べて仮眠を取って高度に体を慣らします。
出発は19時過ぎ。月明かりに照らされた登山道をゆっくりと進みます。
目立ったのは外国人登山者。個人グループではかなり多かったです。
Tシャツ短パンスニーカーの猛者にもお目にかかれました。

渋滞を警戒して、19時過ぎに登山開始。
やや曇りという天気予報で心配されましたが、だんだんと雲が取れて富士山の山容が姿を
表すまでになりました。夜の星空見れるかな。

P1140284.jpg

気温も涼しいので快適に高度を上げていきます。

7合目を過ぎる頃には雲も晴れて満点の星空が広がります。
8合目を過ぎると、天の川も見え教科書の星図のようです。
私はちょくちょく足を止めて見入っていました。
富士山に星を見に行く。これだけで登る価値がありますね。

途中山小屋でゆっくり休みながら、あまり早く着き過ぎないように時間調整をします。
ちなみに山小屋には一人一品15分ルールがあります。山頂に到着したのは3時。

P1140322.jpg P1140324.jpg

私たちが想定したとおり、渋滞に全くはまらない快適な登山となりました。
やっぱり早いスタートが吉みたいですね。あったまりました。さて頂上へ。

P1140334.jpg

頂上での待ち時間がちょっと辛かったです。
寒いの何の。動いている時はある程度あったまりますが、動きが止まると急激に体が
冷えてきます。加えて強い風が吹くのが頂上。

それでも夜明け前後の景色は表現し難い素晴らしいものでした。

P1140339.jpg

息を飲む瞬間。

P1140346.jpg

ヘッドライトの光の列も見えます。

P1140358.jpg

もうすぐ日の出。遠くには雲海から頭を出す山並みが。

P1140364.jpg

シャッターチャンスを待つ人々。

P1140374.jpg

だんだん明るくなります。

P1140385.jpg

山頂へ急ぐ人の列。

P1140400.jpg

そしてその瞬間はやって来ました。

P1140404.jpg

太陽が冷え切った私の体をあたためてくれているのがはっきり分かります。

P1140409.jpg

来ました。ご来光。色んな思いを込めて。

P1140413.jpg

赤く染まる山頂。

P1140419.jpg

さあイベントが終わった。人々が動き出します。凄い人の数。
こんなにいたんだ。

P1140422.jpg

お鉢巡りにスタートです。でも体に異変が。。。
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[富士山

thema:トレッキング - genre:趣味・実用


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。