登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
金峰山(3)天気は下り坂へ
金峰山その3.

雲がどんどん沸き上がってきて空の青い部分が減ってきました。
お昼ごはんののどかな風景ですが、実際は、みなさんアブ・ブヨと戦ってます。

2011_07_09_8722.jpg

ギザギザした稜線がいいですね。歩きたい。

2011_07_09_8721-2.jpg

瑞牆山がガスで霞んで見えづらくなってる。
ハイマツとシャクナゲ。高山の風景最高です。時折イワヒバリが鳴いています。

2011_07_09_8729-2.jpg

またまたコケモモ。

2011_07_09_8733-2.jpg

ここだけひと足お先に紅葉?

2011_07_09_8737.jpg

まだまだ登っていく人がいるんだなあって思った瞬間をパチリ。
何と、よく訪問させて頂いているカモシカさんの一行がたまたま写真に写ってました!
こちらにも→「カモシカさんの山行記録

この後、案の定雨が降ってきました。久しぶりにレインウェアを着ての下山となりました。

2011_07_09_8740.jpg

遠くの視界が効かなくなると、逆に近くのものがよく見えてきます。

2011_07_09_8748.jpg

ツマトリソウは気品を感じさせる花ですね。凛とした感じ。

2011_07_09_8752.jpg

新芽が鮮やかなグリーン。

2011_07_09_8755.jpg

ミツバオウレンがひっそりと咲いていました。

2011_07_09_8759-2.jpg

雨のせいでピンボケ逆光の野鳥写真。赤い頭はアカゲラでしょうか。

2011_07_09_8769-2.jpg

下山後は、笛吹の湯に入って一休み。雷混じりの夕立でした。

去年思ったとおり、この山は何度来ても楽しいと思います。

森林の涼しさ、稜線に出てからの高度感、岩場を抜けるときのスリル、
富士山、南アルプス~北アルプス、八ヶ岳を始めとする360度の景色、
どれを取っても申し分ありません。

ただ、アブとブヨの多さにはうんざりするので手ぬぐいは最低限持って行った方が良いです。

関東はこの日梅雨明けしました。季節の変わり目を実感できた気がします。

ヤマレコはこちら http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-120696.html

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[金峰山

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


金峰山(2)朝日岳から金峰山
金峰山登山その2.

そして見えたのは瑞牆山!八ヶ岳は残念ながらモクモク湧いた雲の中。

2011_07_09_8625.jpg

アップすると瑞牆山の花崗岩がかっこいいです。
以前、瑞牆山に登った時、金峰山がよく見えた記憶があります。おーいやっほー!

2011_07_09_8634.jpg

金峰山の山頂方面には雲がかかり始めてます。

2011_07_09_8631.jpg

コケモモ

2011_07_09_8646-2.jpg

開けた気持ちの良い稜線。やっぱり2500m付近の高山の雰囲気はあります。

2011_07_09_8657.jpg

意外と鮮やかなピンク色

2011_07_09_8668.jpg

金峰山の山頂へ向かう稜線の登山道
こういう空へ続く登山道って心が踊ります。テンション上がる瞬間。

2011_07_09_8681.jpg

瑞牆山までの稜線歩きも面白そう。遠くには北アルプスが見えるはずなんだけど・・。

2011_07_09_8685.jpg

金峰山の山頂なう。2598mの百名山。

2011_07_09_8689.jpg

お約束の五丈岩。金峰山の顔ですね。

2011_07_09_8695.jpg

瑞牆山にも雲がかかり始めました。八ヶ岳にあたった気流が夏雲を発生させてるのでしょうか。
天気は下降気味な予感。

2011_07_09_8702.jpg

へっぴり腰( ゚ω゚;)

2011_07_09_8707.jpg

これ以上行くと降りられなくなるな・・。

2011_07_09_8708.jpg

退散~。。。。

2011_07_09_8709.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[金峰山

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


金峰山(1)大弛峠から朝日岳まで
夏の北アルプスに向けて友人との足慣らし登山。
八ヶ岳も考えてましたが、天候を考えて金峰山にお手軽山行することに決めました。
やさしいルートと言っても森歩きあり、稜線歩きあり、岩場ありの2600m級の高山を味わえるコースです。

大弛峠から金峰山へは2時間程度のの稜線歩き。
中央道の勝沼ICから大弛峠へは40分位。標識があまりないので道を見つけるのが結構難しいです。

梅雨明け前でどうかと思いましたが、下山時まで何とか天気は持ってくれました。



コースタイム:大弛峠7:30-9:40金峰山山頂11:00-13:00大弛峠

梅雨明けしてるような青空(下山後に関東梅雨明けとの情報が出ました)。
朝方は天候も安定していて、登山道を歩いてすぐに富士山が見えてきます。

2011_07_09_8507.jpg

均整の取れた富士山に釘付けです。
富士山も山開きしていたので、登っていた人もたくさんいたんでしょうね。

2011_07_09_8509.jpg

富士山と奥秩父の山々。奥秩父は緑が濃い。右手には南アルプスも見えてるしラッキー。
去年金峰山に登った時は、南アルプスはあまり見えなかった印象なのでうれしかった。

2011_07_09_8519.jpg

左から南アルプス南部(赤石岳、荒川三山)。右の方が白峰三山の農鳥岳、間ノ岳、北岳。
手前に鳳凰三山が見えてるのかな?相変わらず南部は遠い存在です。
トンボが写り込んでるけど、この日はアブ・ブヨが猛烈に凄かった。参った参った。

2011_07_09_8532-2.jpg

富士山と青い空と雲。
爽快な景色に足を止めてしまいました。

2011_07_09_8556.jpg

雲が少しづつ増えてきて富士山の斜面に当たっています。
いずれ雲に隠れそうな雰囲気。

2011_07_09_8558.jpg

富士山を左手に見ながら稜線歩き♪
このコースは木々が生い茂っていて北八ヶ岳の雰囲気に似ています。

2011_07_09_8575-2.jpg

1つ目のピークは、朝日岳。
山頂からも富士山が見えますが、あまりゆっくりできるようなスペースはありませんのですぐ通過。

2011_07_09_8582.jpg

少し進むと金峰山の全景が見渡せるポイントがあります。
金峰山と南アルプスの間ノ岳、北岳、鳳凰三山と仙丈ヶ岳。その右の雲に隠れてるのが甲斐駒ケ岳?

2011_07_09_8591-2.jpg

左手に南アルプス、右手に八ヶ岳。八ヶ岳はこの後雲に隠れてしまいます。
もうちょっと八ヶ岳を見たかったなあ。

2011_07_09_8606-2.jpg

シャクナゲの開花には少し早かったみたい。
だんだん樹木の丈も低くなり、稜線が近い雰囲気が出てきます。

2011_07_09_8612.jpg

シャクナゲのつぼみ

2011_07_09_8616.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[金峰山

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


両神山(2) 2010/11/13
前回から間が開きましたが、両神山の続き。
山頂からの景色です。どんよりしてるけど、何と富士山がちゃんと見えてます。

2010_11_13_2491-2.jpg

寄ってみるとほら。手前は奥秩父の山並みでしょうか。
奥多摩方面には雲取山も見えたりします。

2010_11_13_2495-2.jpg

更に寄ってみます。こんなどんより曇り空でも視界は良いみたい。
きれいな台形が見られて満足。

2010_11_13_2502-2.jpg

そしてもう一つ私を釘付けにしたもの。
それは八ヶ岳、赤岳。うっすら雪化粧しています。岩峰がかっこいい。

2010_11_13_2507-2.jpg

奥秩父の山。何だろ?後で調べます。

2010_11_13_2512-2.jpg

八ヶ岳を引きで見ると、右の方の蓼科山まで見渡せます。

2010_11_13_2514-2.jpg

奥秩父。こちらは甲武信岳や金峰山の方かしら?

2010_11_13_2528-2.jpg

紅葉と八ヶ岳。

2010_11_13_2533-2.jpg

浅間山が見えてました。こちらも登りたい山。

2010_11_13_2563-2.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:2   trackback:0
[両神山

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


両神山(1) 2010/11/13
両神山へ登山です。
随分前に登山ルートを間違えて撤退したあの両神山。
がっかりしながら隣の低山に登った日が懐かしい。今回は日向大谷から単独で登ります。



この日の予報は快晴だったのに首都高を北へ抜けた頃から曇り始め、次第にドンヨリ曇り空へ。
とても恨めしい気分ですが、紅葉シーズンの両神山は麓付近から色付いて、天気の事も忘れるような
快適なスタートでした。

2010_11_13_2247-2.jpg

信仰の山なのですね。こういった石像が所々にあります。

2010_11_13_2254-2.jpg

黄色やオレンジ。まさに紅葉登山といった感じです。
この登山道は、視界がなかなか開けないルートなのが特徴でしたが、紅葉を見るのが楽しいです。
きっと紅葉目的で来られている方も多かったことでしょう。

2010_11_13_2270-2.jpg

何てことない枯葉も芸術作品のようです。

2010_11_13_2287-2.jpg

途中で見かけたのは、青い鳥。ゴジュウカラです。
とても素早い動きで全く付いていけませんでした。ピンボケですが貴重なのでUP。

2010_11_13_2345-2.jpg

曇り空から時折、青い空が現れます。

2010_11_13_2376-2.jpg

一つのポイントが両神神社。

2010_11_13_2390-2.jpg

変わった狛犬がいます。

2010_11_13_2397-2.jpg

しばらくすると、稜線らしきルートに出ます。
奥多摩~奥秩父方面の山々も見え始めます。

2010_11_13_2438-2.jpg

そして岩肌が露出した山頂付近へ到着。

2010_11_13_2446-2.jpg

両神山のギザギザした稜線を始め、遠く浅間山まで見渡せる絶景が広がるのでした。

2010_11_13_2473-2.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[両神山

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


金峰山
金峰山の山行振り返り。
すっかり更新が楽ちんなヤマレコがメインとなってますが。
たまにはこちらのブログも活用します!

勝沼から大弛峠までの道は途中から林道となっていて、道も所々狭いですので神経を使いました。
特に帰り道や夜中は要注意かもしれません。



登山道に入った途端に気持ちの良い稜線歩きが始まります。
抜ける風も気持ちが良いです。

まず目に入ってくるのは、真っ青な空とシュワーっとした不思議な雲の形です。
鳥の羽のように軽そうで、色んな想像力を掻き立てます。
目を凝らすと、鳳凰が羽を広げているようにも見えました。

P1130155.jpg

朝日岳を越えると、一際存在感のある五丈石が見えてきます。
目指すは金峰山のあの岩あたり。

P1130182.jpg

シャクナゲの花は見頃を少し過ぎた辺り。
時折かわいらしい姿で出迎えてくれるのです。

P1130193.jpg

森を抜けると一気に視界が開けて来ます。
遠く八ヶ岳、手前には面白い形の花崗岩が並ぶ瑞牆山が。
この山には登ったことありますが、こんなにきれいな全景だったとは。

P1130231.jpg

ついに見えてきた金峰山の五丈石。
遠くに南アルプスの山並みが見えます。

P1130249.jpg

振り返ると朝日岳方面。稜線を歩いてきました。
朝日岳からの稜線は女性的で美しいです。

P1130255.jpg

山頂付近は白い砂、大きな岩場、そして奇石の五丈石。
遠くに目をやれば、富士山、アルプス、八ヶ岳、奥秩父の山々。
いつまでも見ていたい景色。

P1130272.jpg P1130274.jpg

見ている方が怖い。上までいっちゃった。

P1130285.jpg P1130288.jpg

金峰山神社はこちらになります。

P1130294.jpg

山頂付近は大きな岩場となってます。この日は天候も良く、随所が賑わってました。

P1130295.jpg

森歩きはこの暑い日でも涼しかったです。

P1130302.jpg P1130321.jpg

車を止めてすぐ2,000m以上の山を気軽に味わえる点は北八ヶ岳と似ていますね。
また登りたい山です。
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[金峰山

thema:トレッキング - genre:趣味・実用


茅ヶ岳
山梨県の茅ヶ岳に登山に行ってきました。
1704mの高さで、八ヶ岳に似ているのでニセヤツとか言われます。
奥に見えるのが本物の八ヶ岳。





日本百名山を書いた深田久弥さんが亡くなった山としても有名です。
山頂からは富士山、アルプス、八ヶ岳といった素晴らしい眺めです。



下山後は麓の温泉に入りました。
そこから見えた南アルプスの景色。{/star/}



左の方が鳳凰三山。右の方のが甲斐駒ケ岳。一度は登りたいです。
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[茅ヶ岳

thema:トレッキング - genre:趣味・実用


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。