登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
スイスアルプス シャモニー・モンブラン
6月23日 シャモニーモンブラン
Chamonix & Mont Blanc

ツェルマット最後の朝は早起き。6時前の電車で次の目的地シャモニモンブランを目指します。
マルティニを経由してシャモニに着いたのは10時頃。

DSCF2607.jpg

シャモニーモンブランに着くとさっそくエギーユ・デュ・ミディのロープウェイ乗り場へ行きます。
ここからモンブランの近くまで運んでくれます。観光客でさすがに混んでます。

このロープウェイが凄い。標高1035mから3842mの2800m以上の高度の差を登ります。
途中、ちょっと心配になるぐらいに揺れました。その度に外国人は大はしゃぎ。
大人しい日本とは違います。そして無事到着すると、絶景がいきなり広がります。

DSCF2608.jpg

エギーユ・デュ・ミデイ展望台からはシャモニー針峰群が見えます。
山の険しさに圧倒されました。こちらはちょっと前のアイコンですね。

DSCF2613-3.jpg

ちなみにエギーユは「針峰」のことだそうです。
こちらはモンブラン。一瞬晴れた瞬間があったのですが、本当にまんまるの頂上に
やわらかそうなパウダーが乗っている感じでした。そうあのおいしいケーキが思い浮かびますね。

DSCF2620.jpg

展望台から降りてイタリア側へ渡ることもできます。
装備さえあれば初心者でもガイドに連れていってもらえるでしょう。

DSCF2633.jpg

この旅行最後の山観光もおしまい。麓に降りてきました。
モンブランが太陽に照らされてまぶしいです。

DSCF2639.jpg

シャモニーモンブランはフランスだけあっておしゃれなカフェなどがあり、
スイスとは少し違う雰囲気です。

DSCF2643.jpg

さあシャモニともお別れ。帰りはジュネーブに向かいます。
名残惜しくて帰りの電車の窓から見える山々をいつまでも見ていました。
アルプスの旅はこれでおしまい。またいつかこの地を訪れたいです。

DSCF2648.jpg

ジュネーブに宿泊した際、湖越しにモンブランが見えました。
皆んなモンブランを見ていました。富士山を見る日本人と同じものを感じます。
国を問わず、山って人を惹きつけるものがあるんですね。
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[モンブラン

thema:トレッキング - genre:趣味・実用


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。