登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
晩秋の焼岳(4)焼岳からの眺め
時間が経ってしまいましたが、焼岳の続きです。

凍えそうな寒さの山頂で360度の景色をしばし堪能するのでした。
ぐるっと行きます。

槍穂高~上高地の全体像。
奥穂とジャンダルムはちょうど雲の中。

2011_11_08_9999_368.jpg

槍ヶ岳の遠望。
やっぱり尖ってる。目立ってる。
山頂リベンジはいつになるかなぁ。

2011_11_08_9999_373-2.jpg

手前に見えるのは、西穂高岳。
山頂へ続く稜線細いなあ。危険そうだからあそこへ行くのは止めておこう。

2011_11_08_9999_374-2.jpg

前穂高岳も姿を現しました。

2011_11_08_9999_394-2.jpg

こちらは前穂高岳から明神岳あたり。
重太郎新道で歩いたことあるけど、前穂高のあたりは岩稜だったし、事故があったりして
本当に緊張した思い出。

2011_11_08_9999_388-2.jpg

右に目をやると常念山脈の蝶ヶ岳が見えます。
辛かった常念~蝶ヶ岳日帰り縦走を思い出す・・・。
蝶ヶ岳に着く頃はヘトヘトだったけど、あちらから見た夕焼けの穂高は綺麗だったなあ。

2011_11_08_9999_390-2.jpg

お馴染みの上高地。梓川がくねくね。
ほぼ手付かずの自然って貴重だなって思います。

2011_11_08_9999_385-2.jpg

大正池もばっちり。

2011_11_08_9999_405-2.jpg

ずっと雲に隠れてた笠ヶ岳。
一瞬山頂を目にすることができました。三角で大きな山だと分かります。
次に狙うはここかな。

2011_11_08_9999_411-2.jpg

乗鞍岳。北アルプスの岩稜と比べると穏やかな表情に思えます。

2011_11_08_9999_430-3.jpg

あっという間に槍ヶ岳以外の山々は雲に覆われ始めました。

2011_11_08_9999_437.jpg

上高地と霞沢岳。

2011_11_08_9999_460.jpg

山頂の岩についた氷。冬はそこまで来ていました。

2011_11_08_9999_466.jpg

木々にも氷が付いています。
厳しい北アルプスの冬をほんの少しだけ感じることができる。そんな晩秋の焼岳なのでした。

2011_11_08_9999_474.jpg

さあ下山です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[焼岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。