登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
白馬三山縦走(5)朝焼けの剱岳と後立山連峰
ご来光の幸せな時間は終わりを迎えつつあります。
山で一番きれいな風景が見られるのは、朝と夕方だとよく言われます。
光が織りなす奇跡を前にして納得です。

2011_08_07_9584-2.jpg

白馬村も朝を迎えつつあるようです。
雲海に浮かぶ山々が何度見ても美しいです。奥は草津白根山とか信州と群馬の県境の山脈ですかね。

2011_08_07_9582-2.jpg

後ろを振り返ると、ピンクに輝く剱岳が顔を出し始めました。

2011_08_07_9585-2.jpg

モルゲンロートの立山連峰、剱岳。
ひときわ目立つ剱岳。

2011_08_07_9591-2.jpg

歩いてきた道を見ると、朝焼けに照らされた茶色い山肌が鮮やかです。
そして、天狗山荘の奥の天狗の頭までの緩やかな稜線はもちろん、
左手に八方尾根が、更には鹿島槍ヶ岳が見えてきました。

2011_08_07_9602-2.jpg

手前から、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳の後立山連峰の主役たちが揃い踏み。

2011_08_07_9605-3.jpg

タカネツメクサ。

2011_08_07_9607-2.jpg

もう一回剱岳と立山連峰。
こちらも鑓ヶ岳に登りながら見ているので、どんどんその存在も大きく見えてきます。

2011_08_07_9613-2.jpg

白馬鑓ヶ岳もだいぶ山頂に近づいてきたので、後立山連峰と立山連峰が仲良く一枚に収まりました。
白馬岳から縦走して鹿島槍ヶ岳まで行きたくなります。

2011_08_07_9615-2.jpg

剱岳アップ!どっしりとした存在感。
簡単には寄せ付けないその厳しさと気品の高さ。

2011_08_07_9619-2.jpg

朝焼けの時間が終わりいつもの表情になった立山連峰。
余計な説明はいりませんね。

2011_08_07_9623-2.jpg

ここで鑓ヶ岳の山頂へ到着。後で見たらあまり山頂の写真はなくて遠景ばかりでした。
遠くに目をやると、水晶岳を中心に赤牛岳と鷲羽岳が。

2011_08_07_9627-2.jpg

尖ってるのが前穂高岳で、右側が奥穂高岳。
雲にかかってる所がジャンダルム。

2011_08_07_9630-2.jpg

五竜岳と鹿島槍ヶ岳の百名山コンビをアップで。
ああいつか行きたい歩きたい。今年最初は鹿島槍に行こうとしてたんだよね。

2011_08_07_9632-2.jpg

振り返って浅間山。もくもく噴煙上がってます。

2011_08_07_9636-2.jpg

しつこく立山連峰。

2011_08_07_9639-2.jpg


立山。こちらもいつか縦走したい場所です。
NHKの北アルプス空中散歩の映像で、何度も繰返し見てる立山。実物がそこに!

2011_08_07_9642-2.jpg

野口五郎岳~鷲羽岳、左手前に針の木岳が見えます。

2011_08_07_9643-2.jpg

白馬鑓ヶ岳山頂で私たちは朝ごはんを食べました。
天狗山荘のお弁当、なかなかおいしかった。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

白馬三山縦走(1)猿倉から鑓温泉へ
白馬三山縦走(2)白馬鑓温泉への道
白馬三山縦走(3)白馬鑓温泉から天狗山荘へ~剱岳と対面
白馬三山縦走(4)白馬鑓ヶ岳と夜明け
白馬三山縦走(5)朝焼けの剱岳と後立山連峰
白馬三山縦走(6)鑓ヶ岳から杓子岳
白馬三山縦走(7)白馬岳から三国境
白馬三山縦走(8)小蓮華山~白馬大池
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[白馬岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


comment
comment posting














 

trackback URL
http://nopynopy.blog111.fc2.com/tb.php/143-63cc48f5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。