登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
白馬三山縦走(8)小蓮華山~白馬大池
白馬三山縦走を終えて、あとは栂池までのゆるやかな道のり。
三国境を過ぎると小蓮華山への登りです。
相変わらずガスってるけど稜線を歩いている感覚が気分良い♪

2011_08_07_9847-2.jpg

小蓮華山の山頂はちょっと肩透かし。あれ?ここなの?って感じ。
逆鉾があるのでここが山頂なのだと気づきました。
後で調べてみたら、4年前に山頂部分が崩落したそうです。それでかぁ。

2011_08_07_9853-2.jpg

高山植物の種類は、白馬岳から離れるにつれてだんだん減ってきます。

2011_08_07_9857-2.jpg

雷鳥と二回目のご対面!この時はつがいでした。
ぷるぷるって鳴き声にも癒されます。

2011_08_07_9860-2.jpg

小蓮華山から降りてきて振り返ると山頂までの山道。
そしてその上にはうっすら青空が。

2011_08_07_9868-2.jpg

待望の青空!でもそれは一瞬の出来事。
でもこうやって時折晴れ間が出るのは山の神様のご慈悲かな。ありがたやー。

2011_08_07_9872-2.jpg

小蓮華山の山頂へ続く山道。
「坂の上の雲」のエンディングで流れていた坂道はここだとか。
このくねくねした坂道が、タイトルから来るイメージと近かったのかな?
晴れてるともっと感動的なのでしょうね。これだと雲の中の坂、です。

2011_08_07_9874-2.jpg

雷鳥坂にて。またまた雷鳥と会えました。
この山行で実に10数羽を見かけました。何てラッキーでしょう!
これもこの曇り天気のおかげかもしれません。

2011_08_07_9882-2.jpg

ゆるやかな下り道を降りると、白馬大池が姿を見せました。

2011_08_07_9893-2.jpg

咲き乱れるチングルマと白馬大池、白馬大池山荘。

2011_08_07_9900-2.jpg

チングルマ

2011_08_07_9894-2.jpg

テント場でお昼&コーヒー♪

P1040225-2.jpg

幻想的な白馬大池はのどかな雰囲気。テント泊を是非したいです。

2011_08_07_9920-2.jpg

鏡のように水面に景色が写り込んでました。

2011_08_07_9926-2.jpg

白馬大池を出発して間もなく。あれは何だろう?

2011_08_07_9935-2.jpg

乗鞍岳山頂でした。
このケルンがないと山頂だと気づきません。。

2011_08_07_9932-2.jpg

だだっ広い乗鞍岳の山頂付近。それはイワヒバリが鳴く静かな場所でした。

2011_08_07_9934-2.jpg

この後、大雨が降り出します。

雪渓を横切ったり、ゴロゴロした大きな岩場をひたすら降りる道。
これを逆に登るのはきついなあと思いつつ、
わたしはピョンピョン走りながら降りました。いつ滑り転んでもおかしくない道。

最後、天狗原では雷雨の土砂降りにあい、ずぶ濡れ。最後もこれかーー!!
危うく携帯とデジカメを水没させるところでした。

ドロドロの道を滑りながら歩きようやく栂池到着です。
下りはガンガン行ったのに、膝が痛くなかったのはC3fitのおかげかな?
ここで食べたソフトクリームは最高!

白馬岳はかなりの時間、雨か曇りだったのですが、それでもこの山が人気な理由が十分分かりました。
天気の良い日にまた来たい。私もすっかり虜になったのでした。

おしまい。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

白馬三山縦走(1)猿倉から鑓温泉へ
白馬三山縦走(2)白馬鑓温泉への道
白馬三山縦走(3)白馬鑓温泉から天狗山荘へ~剱岳と対面
白馬三山縦走(4)白馬鑓ヶ岳と夜明け
白馬三山縦走(5)朝焼けの剱岳と後立山連峰
白馬三山縦走(6)鑓ヶ岳から杓子岳
白馬三山縦走(7)白馬岳から三国境
白馬三山縦走(8)小蓮華山~白馬大池
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[白馬岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


comment
comment posting














 

trackback URL
http://nopynopy.blog111.fc2.com/tb.php/146-6ac249b3
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。