登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
晩秋の焼岳(1)氷の世界へ
単独日帰り登山。選択肢は限られていました。
ここ数年温存していた焼岳の出番です。

天気予報では晴れ。
晴れの日登山がしたくて、これを確かめた上で休みを取って焼岳へ向かったはずでした。
ですが、松本インターを降りても一向に晴れ間が見えません。不安なスタートです。



部分的に青空がちらっと見えるもののすっきりしない天気。
いやーな予感が。

2011_11_08_9999_5.jpg

山頂方面もまさかのガス。
あっでも青空もちらりと見せてるし焦るな自分。

2011_11_08_9999_50.jpg

視界も悪くなり、ふと地面に目をやると秋の気配がまだ残されていました。
こんな時期の北アルプスは茶色い世界で、とっくに冬支度かと思ってましたが。

2011_11_08_9999_78.jpg

右手前に穂高岳が見えました。
前穂高かな?最悪に備えて目に焼き付けておこう。

2011_11_08_9999_87.jpg

低勾配のコースを抜けてさあ見上げると、やっぱりガス!
テンションダウン。

2011_11_08_9999_94.jpg

ハシゴは少し凍ってて危なっかしいです。

2011_11_08_9999_95.jpg

山頂方面は青空が出たり曇ったりを繰り返しています。

2011_11_08_9999_102.jpg

振り返ると今歩いてきた熊笹の道。

2011_11_08_9999_114.jpg

気を取りなおして、周りに目をやると木の実が凍っているではないですか!

2011_11_08_9999_133.jpg

新芽も氷に閉じ込められてるし。
何とたくましいのでしょう。この芽は来年芽吹くのでしょうか。

2011_11_08_9999_136.jpg

枯れた花はドライフラワーの様にシャリッと凍ってます。

2011_11_08_9999_141.jpg

枯れた花に水滴が付いて、それが気温の低下で凍るのでしょう。
こんな華麗なアートができあがっていました。

2011_11_08_9999_147.jpg

氷の花びらのようです。

2011_11_08_9999_156.jpg

こちらも氷のオブジェのようです。自然の造形美とはこのことですね。

2011_11_08_9999_158.jpg

花は一度枯れましたが、氷によってその生命が蘇ったようです。

2011_11_08_9999_164.jpg

そんな氷のアートワークが並ぶ焼岳の中腹。
遠くに目をやるとうっすら青空が広がります。期待はまだできるかも。

2011_11_08_9999_165.jpg

ボタン押して応援お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:2   trackback:0
[焼岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


comment
クリスタル蕾♪
わーい!焼岳の回始まりました^^
自然の造形美。氷の華やっぱり綺麗☆
快晴の山もいいですが、雲間から山頂が見えて来るのもなんとも雰囲気がありますね!

でも、確かこの後晴れて来るんじゃ。。。
楽しみです(^-^)/
2011/12/30 23:01 | URL | edit posted by 7col
クリスタル!
虹さんこんばんは。
クリスタルという言葉を忘れていました。
きれいな氷細工を表現するのに使いたかった。
次ので使わせてね。

そうです、雲はいつでも山をドラマチックにしてくれるのです!
この後もお楽しみ下さいませ~!!
2011/12/30 23:38 | URL | edit posted by nopynopy
comment posting














 

trackback URL
http://nopynopy.blog111.fc2.com/tb.php/153-e905a903
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。