登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
唐松岳(1)八方尾根から白馬三山の眺め
以前から行きたかった八方尾根からの唐松岳へ日帰りで行ってきました。
目的は、八方池で逆さ白馬を見るのと、稜線に出て五竜岳や立山連峰を見ることです。



ゴンドラ+リフト5:40-山頂駅6:20-11:00唐松岳山頂11:30-11:50唐松岳頂上山荘12:00-14:15リフト駅-14:40ゴドラ乗り場

深夜横浜を出発して高速を夜通し駆け抜けて白馬村に着いたのは4時台。
ちょうど朝焼けの白馬三山にお目にかかれました。

2012_07_16_9999_9-2.jpg

八方尾根ゴンドラリフトはシーズンということもあって早朝5時半から運行していました。
15名位の登山客の列ができていたと思います。

ゴンドラは1組1台という感じで余裕です。
リフトに乗り継いで山頂駅まではあっという間。北アルプスでゴンドラって最高。

山頂駅では2番目のリフトへ乗り換え。
リフトに乗っていると間もなく、青空と緑の斜面の間に岩肌と残雪の山々が顔を現します。

2012_07_16_9999_26-2.jpg

リフト降り場から白馬三山。建物はオリンピック関連の設備でしょうか。
五輪マークが描かれてました。絵になるのでこの構図にてぱちり。

2012_07_16_9999_35-2.jpg

白馬村と妙高方面。
狙い通りとは言え、軽々と雲の上に出てしまい、何だかこれでいいのかな?って思ったりして。

2012_07_16_9999_37.jpg

さわやかなブルーをバックに白い山峰。こんなに晴れた白馬は初めてです。

2012_07_16_9999_51-2.jpg

朝日に輝く白馬三山が青空バックに見えたのがとても感動的でした。

2012_07_16_9999_52-2.jpg

ニッコウキスゲ。

2012_07_16_9999_61-2.jpg

最後のリフトから左手には五竜岳と鹿島槍ヶ岳がずっと見えます。
リフトから足をぶらぶらさせながらカメラをパシャパシャ。とても贅沢な時間です。

2012_07_16_9999_64-2.jpg

リフトを降りると白馬三山にもガスがかかり始めました。
八方池に行くまでに晴れてるといいのだけど。

2012_07_16_9999_84-2.jpg

残雪の白馬三山にしばし釘付け。

2012_07_16_9999_89-2.jpg

爽やかなアルプスの早朝といった感じで雲があると空の表情がより豊かになります。
白馬岳は山頂付近ガス。右手小蓮華岳~乗鞍岳の稜線くっきり。

2012_07_16_9999_93-2.jpg

八方池山荘方面の雲海!
ゴンドラとリフトを使ったお気軽北アルプス登山。出だしは順調です。

2012_07_16_9999_97-2.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[唐松岳

thema:登山・ハイキング - genre:旅行


comment
comment posting














 

trackback URL
http://nopynopy.blog111.fc2.com/tb.php/160-5a7f1ee9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。