登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
スイスアルプス グリンデルワルト5
6月19日

フィルスト

グリンデルワルトに戻ったのは、午後2時半でした。ホテルでインスタントの昼ご飯を食べて少し休憩。寝ようかとも思いましたが、どうしても一日目に行けなかったフィルスト展望台が気になったので、少しハードスケジュールにはなりますが、そちらへ行くことを決心しました。フィルストは、2,171mの展望台で、グリンデルワルトからゴンドラで30分のところにあります。アルプスのパノラマが見られるということで、人気も高いところです。到着したのは3時半。最終の帰りのゴンドラを考慮すると、バッハアルプゼーという湖まで歩いて戻ってくるには少し時間が足りなかったので、開き直ってのんびり昼寝でもしながら、アルプスの景色を楽しむだけにとどめることにしました。

DSCF2436.jpg

私がここフィルストにこだわったのには大きな理由があります。それはスイス旅行の準備をしていた時にウェブページから入手したPCのデスクトップ用の壁紙が、バッハアルプゼー越しのシュレックホルンを撮った景色だったからです。急峻なシュレックホルンがガラスの様なバッハアルプゼー(湖)に完全に逆さまに映し出されている姿は、絵に書いたように美しい印象を与えました。その景色を何としても見たかったのです。でもそれと同じ景色は、時間の制約で見れないことが判明したので、シュレックホルンだけでも見れないかと祈るような気持ちでゴンドラに乗ったのでした。あいにく頂上には雲がかかって、シュレックホルンは見れませんでした。

DSCF2443.jpg

目をグリンデルワルト方面に向けると、とても小さな村がそこには存在していて、その町並みと緑の高原と更にアイガーを始めとするアルプスの山々とのコントラストは、表現しがたいほど美しいものでした。また、パラグライダーを楽しんでいる人々もいます。こんな谷底へまっ逆さまに落ちそうな場所からよくも飛べる人がいるものだと感心しましたが、そのパラグライダーがふらふらと描く軌道を眺めるのをしばらく楽しんでいました。

DSCF2450.jpg

ヴェッターホルン(3692m)は、ほぼ雲がかかっていなくて、綺麗な山容を私に見せてくれました。時間にも余裕が出たので、山の様子をスケッチしました。しばらくすると、何とそれまで雲に覆われていたシュレックホルン(4078m)が姿を見せたのでした。私はつくづくラッキーだと思いました。その尖った山頂と流れ出す氷河がはっきりと見えたときには、感動すら覚えました。

DSCF2455.jpg

この日の夕飯は、昨日のステーキのショックもあり、インスタントで済ませました。インスタントといっても、白米にカツ丼のもとをかけた立派な料理です。例によって、コンフェデ杯を見てくつろいだ後、昼間に仲良くしてもらった女子二人組にホテル近くのユースホステルに招待されていたので、ユースのテラスで軽く飲むことに。他にもユースには日本人がたくさん泊まっていて、にぎやかでした。二人とも会社を辞めて、これから三ヶ月間ヨーロッパを放浪するということでした。「人生のリセット」これが我々に共通する気持ちを表現していました。この旅行が人生に訪れた良い転機だったと後で振り返ることができれば良いなと思いました。グリンデルワルトのユースホステルは、素晴らしい立地にあって、夕陽に燃えるアイガーはとても印象的でした。こんな贅沢な酒の肴もあるものだなと思ったのでした。

DSCF2458.jpg
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[グリンデルワルト

thema:トレッキング - genre:趣味・実用


comment
comment posting














 

trackback URL
http://nopynopy.blog111.fc2.com/tb.php/47-1aad3862
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。