登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
お伊勢参り(5)猿田彦神社
続いて猿田彦神社へ。

天孫降臨神話ではニニギノミコトを先導したことで有名です。
倭姫命の巡行に倣うのであれば、この猿田彦神社へ先に行くのが良いとされてます。
神社目の前の駐車場へ車を止めて、猿田彦神社→内宮の順に行きます。



境内は大通りに挟まれていて、ひっそりというよりは、明るくオープンな印象。
猿田彦神社の宮司は宇治土公(うじとこ)という姓です。
倭姫命世記によれば、猿田彦神・大田命の直系の子孫だということです。

 

本殿は横に広がった構造でどっしりしています。
唯一神明造りの神宮と比べると少し変わっています。
千木が手前にも左右両端にもあります。
調べたら「さだひこ造り」と呼ばれる特殊な妻入造なのだそう。



本殿正面に古殿地干支石があります。
古くはこちらに本殿があったようです。

写真を撮り忘れましたが、猿田彦神社境内には佐瑠女神社があります。
猿田彦大神が結婚した天宇受売命(あめのうずめのみこと)が祀られています。
天岩戸で乳を出して踊ったあの神です(芸能の神様)。

やはりここは、天照大御神とゆかりのある神社と言えますね。

 

おかげ横丁ではかなり時間を浪費してしまいました。
そしてやっと宇治橋に到着。



次はいよいよ内宮です。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[神社

thema:神社めぐり - genre:旅行


comment
comment posting














 

trackback URL
http://nopynopy.blog111.fc2.com/tb.php/56-dbebcce8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。