登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
お伊勢参り(7)内宮 別宮 月読宮 倭姫宮
伊勢参りも最後に近づいてきました。
内宮から少し離れたところにある月読宮。

右から

月讀荒御魂宮、月讀宮(つきよみのみや)、
伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)、伊佐奈弥宮(いざなみのみや) 

と並んでいます。神話では天照大御神と月読尊は兄弟。
イザナミ、イザナギは両親。ここに親子仲むつまじく揃う図となります。
何だか微笑ましくなります。

伊勢神宮のこういった配置は神話を意識して整えられたのではないかと思ったりします。
月讀宮(つきよみのみや)は、月讀尊(つきよみのみこと)を祀ります。



月讀荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)。
御祭神は月讀尊荒御魂(つきよみのみことのあらみたま)。



伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を祀ります。



伊佐奈岐宮(いざなぎのみや) 伊佐奈弥宮(いざなみのみや)。
夫婦仲良く並んでます。



月読宮を離れて、最後にたどり着いたのは、倭姫宮です。
ここも内宮の別宮。比較的最近になって別宮に指定されました。

ここも本当に人気が少なくておごそかな空気が漂っていました。
各所ではもちろん朱印を頂きました。



伊勢神宮は生涯二度目です。
一度目は新入社員の頃に同期達と勢いで観光に来たので、
ほとんどそのありがたみは分かっていませんでした。

今回は古代史にも神話にも興味を持っての参拝。
そこに広がる風景はまるっきり違うものでした。強く感銘を受けました。
また訪れたいと思うのでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[神社

thema:神社めぐり - genre:旅行


comment
comment posting














 

trackback URL
http://nopynopy.blog111.fc2.com/tb.php/58-8cc2a895
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。