登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
奈良旅(1)山之辺の道 石上神宮
少し前の奈良旅行の写真を整理しました。
山之辺の道、平城宮跡、唐招提寺、春日大社、東大寺が主なコースです。

初日は天候を考慮して予定変更。山之辺の道からスタートです。
この旅行の最大の目的は山之辺の道で神社と古墳を見ることでしたので、
初日からテンションが上がりまくりです。



この日本最古の神社は、私の中では以前からかなり憧れの的でした。
物部氏の総氏神が祀られているのもありますし、百済から倭国へ
贈られたと言われる七支刀への興味もあったからです。



この神社に流れる空気。とても清らかで安らぐ雰囲気が漂います。



ちょうど梅雨時の平日。小雨が降っていたこともあってか
境内には人がまばら。このおかげで、国宝の建物と向きあって
しばらく静寂さを味わうことができました。



国宝の七支刀の絵です。
おおむねの解釈では、百済と倭国の友好の印として贈られたとされます。



国宝の拝殿はいつまで眺めていても飽きません。
この神社は私のお気に入りとなりました。



摂社の天神社の御祭神は高皇産霊神(たかみむすびのかみ)です。



石上神宮を離れて山之辺の道の旅が始まります。最初に夜都伎神社がありました。



旅はまだまだ続きます。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[遺跡

thema:国内、史跡・名勝巡り - genre:旅行


comment
comment posting














 

trackback URL
http://nopynopy.blog111.fc2.com/tb.php/67-f76ff29f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。