登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
奈良旅(5)山之辺の道 大神神社
1日目最後は三輪山の麓にある大神神社です。

古来信仰の篤い三輪山。
御祭神は大物主大神(おおものぬしのおおかみ)。

三輪山で一番好きなのがやっぱり箸墓伝説。

三輪の大物主神の妻となった倭迹迹日百襲姫が夫の姿を見たら
蛇だったというあれです。その後姫は箸でホトを付いて死んだので、
箸墓古墳と名付けられ・・・(以下略)。



大神神社に着いたのは夕方頃。
大きな鳥居がいくつかありました。



大神神社の拝殿を正面から。
本殿はなく三輪山自体がご神体です。
これが日本の古来からの信仰の姿かもしれません。



こちらは少し斜めから。
近くに「卵を投げないで下さい」という注意書きのある神木がありました。
三輪山の神の化身が蛇だからってことらしいです。
卵をお供えできるようになってます。蛇信仰気になる。



横にある狭井神社にも立ち寄りました。
既に薄暗くて、人気も少なかったため、神聖な雰囲気が増していました。

御祭神は、
大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)
大物主神(おおものぬしのかみ)
媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)
勢夜多々良姫命(せやたたらひめのみこと)
事代主神(ことしろぬしのかみ)



薬井戸はこちら。
ご神水は万病に効くそうなので取りあえず飲んでおきました。



静かでなかなか良い神社でした。



桜井までの帰り道。大神神社の近くに素戔嗚神社がありました。
ヤマト王権のお膝元に出雲由来の神様が多く祀られているのは
大変興味深いです。



奈良までの帰りの電車から巻向駅付近でぱちり。
例の纒向遺跡をまた掘り返し始めていました(この後桃の種が大量に発見される)。



怒涛の山之辺の道めぐりもあっという間に終わり。
ちなみに自転車で回りました。歩いてらっしゃる方もいたので驚きです。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[神社

thema:国内、史跡・名勝巡り - genre:旅行


comment
comment posting














 

trackback URL
http://nopynopy.blog111.fc2.com/tb.php/72-de2fb350
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。