登山の日記。野鳥や星空もやります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nopynopy
 
[スポンサー広告
常念岳(4) 2010/9/11
山頂でもっと景色を見ていたいという気持ちを抑えながら蝶ヶ岳への縦走を始めます。
常念岳山頂へは結局5時間半かかりました。予定では急いでここから蝶ヶ岳まで3時間半、下山に2時間半。
右手に穂高岳の山々を見ながら下山路を降りました。

P1150097.jpg

振り返ると常念岳の山塊。

P1150098.jpg

途中こういった尖った岩がところどころに見られます。
この形になるまでの長い年月を想像すると気が遠くなりそうです。

P1150104.jpg

えっとあっちの方が蝶ヶ岳ね(適当)。尖ってるのが蝶槍のはず。
こうして見たときの縦走路はゆるやかに見えて、楽しそうです。楽勝ムード。

P1150120.jpg

また常念岳を見ると。ああ右手の方から稜線を歩いて山頂に登ったのだと分かります。
そしてさようなら。また来るよ。

P1150128.jpg

時間にあまり余裕がないことは十分分かってたので急いで降りたのにコースタイムとあんまり変わらない。
トレラン風に小走りしたのにおかしい。。

常念岳の頂上からはだいぶ離れてますが、蝶ヶ岳の方を見上げると今度は登り。
それに目的地が隠れて見えないし。時間内に辿り着けるか、急に不安に駆られ始めます。誰にも会わないし。
この精神的不安が疲労を倍増さるのでした。

P1150138.jpg

半分くじけそうになりながらも、ようやくピークらしき山を越えて(ピークが分かりづらい)、
のっぺり広々とした稜線を見つけました。あっちの方が山小屋?見えないけど(´・_・`)

ここに来ると雲もかかり、風も出始め、寒くなってきました。もう登りは勘弁して~。
こんな気持ちで歩くのはもったいないと思えるくらいの素晴らしい稜線なのですが・・。

P1150154.jpg

常念岳の方を振り返ります。いやあ、随分歩きました。
感覚的にはなかなか進まないのですけど。

少し冷静になろうと水分と行動食を補給。よく見ると高山植物が紅葉しかけています。
あと気づいたのは蝶ヶ岳から常念岳へ向かうと感動も大きそうだなと。

P1150163.jpg

そして待望の蝶ヶ岳ヒュッテへ。結局は予定より遅く、でも地図のコースタイム通りに到着。
この頃にはほぼ曇り空でしたが、きっと晴れていれば、槍穂や松本や八ヶ岳方面の眺望も最高でしょうね。
日の出も素晴らいことでしょう。

P1150165.jpg

テント場は賑やかです。みなさん思い思いに景色を見に行ったり、作業したり、雑談したり。
私はへとへとで声も出ず。たいして休むこともなく下山準備です。

P1150175.jpg

蝶ヶ岳ヒュッテからの下り道。時間も遅いこともあって全く人と会いませんでした。
会ったのはこのホシガラスだけ。
熊も怖かったし、後半はかなり消耗して精神的にも参ってました。

P1150183.jpg

途中からは雨も振り散々な気分。もう山なんて・・・と思ったりして。
ともかく疲れ果てたので麓まで車で降りてから、適当な場所で仮眠しました。死んだように眠り・・・。

今回の常念岳~蝶ヶ岳の縦走路。とても良いコースで誰にでもお薦めできます。
ただ日帰りで行くのは体力勝負。私はやや無理しちゃいました。常念岳だけに留めるのが正解でした。
縦走の場合はゆっくり泊まって行くのがやっぱり良いですね。

この山行で北アルプスの奥深さを知ると同時にあの景色の中へ入っていきたい、という野望が芽生えてきたのでした。
それからこの山行で5年以上使ってるコンパクトデジカメの表現力を確認するのも目的の1つでした。
露出やら、あれこれ設定を試しましたが(私の腕もありますが)、そろそろ自分の欲求を満たせなく
なっているのが分かりました。

そして、これが今のコンパクトデジカメでの最後の山行になりました。次回から一眼を抱えて山に繰り出します。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by nopynopy
comment:0   trackback:0
[常念岳

thema:トレッキング - genre:趣味・実用


comment
comment posting














 

trackback URL
http://nopynopy.blog111.fc2.com/tb.php/99-8caadb4e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。